BLOG 作業実績・ブログ

今更聞けない!ドラレコの役割とオススメの機能

 近年、ドラレコを車に搭載するドライバーが増えています。走行時のあらゆるデータを記録することで、万が一の事故があった際の原因究明に役立つほか、ドライバーの意識を変えるさまざまなメリットがあるのです。今回はドラレコの機種、そして主要な機能を紹介します。

ドラレコとは?

 ドラレコとは「ドライブレコーダー」の略で、衝突や急停止などで車両に大きな衝撃が加わったとき、その前後十数秒間の、車両の前方映像と音声を記録する車載機器のことです。
 事故発生時の映像を記録できることから、映像を警察や保険会社に提出することで事故の参考資料として採用され、事故処理がスムーズに運ぶこともあります。
 また、記録された映像をドライバーが見ることで、自身の運転技術を冷静に振り返れます。いわゆる「ヒヤリ・ハット」など、ドライバーの事故をおこしやすい状況を把握し、その反省を生かすことで安全運転への意識を高めます。ドライブレコーダー搭載車のドライバーは、常に撮られていることを意識するので、危険の少ない運転を心がける心理的な効果もあると考えられています。

ドラレコにはどんな機種がある?

 ドライブレコーダーには、前方だけを録画するものが最もスタンダードですが、その他にも種類があるのはご存知でしょうか?
 ここでは、最もメジャーな3タイプを紹介します.

360度型

 名前の通り、前後左右あらゆる方向の映像を撮影できるタイプです。前方向だけのタイプや前後タイプと比べて死角が少なく、横や斜め方向なども撮影できるのがメリットです。事故やトラブル時の証拠映像を逃さずに記録できます。
 ただし、モデルによっては垂直方向の画角が狭い場合があります。停車位置の上に信号機があるような状況だと、高さによっては映像に収められないことがあるので注意しましょう。

ルームミラー型

 フロントガラスについているルームミラーに固定して利用するタイプです。設置場所を選ばず、さらに視界を奪うことなくいつもの視野を保ったまま録画できるのが大きな特徴です。
 ただしルームミラーに固定するという性質上、カメラの位置を自由に変えることができないというデメリットもあります。特に最新の車は、ルームミラー近辺に自動運転支援のためのカメラやセンサーが取り付けられていることもあり、ルームミラー型のドラレコを設置した場合、画角に写り込んでしまうことがあります。
 また、ミラーがデジタルタイプの場合、焦点距離が前方視界とズレが生じるというデメリットも生まれます。
 普通の鏡の場合、焦点距離は実像と同じになるため、前方を注視した状態からルームミラーに視線を移しても、焦点距離はほぼ同じでピントが合いますが、デジタルミラーは、焦点は液晶面になるため、前方から視点を移した直後にピントが合うのに時間がかかったり、目が疲れてしまうのです。

前後分離型

 車の前方を録画するカメラの他に、後方録画用のカメラを分離して設置するタイプです。後方録画の画質が鮮明であることが特徴で、後ろから接近してくる車のナンバープレートも容易に読み取ることができるほど画質がよいです。追突事故や煽り運転被害の録画能力は3タイプの中で最も優れています。
 ただし側方の画角は確保できないので、側面からの貰い事故の場合、決定的瞬間が収まっていないケースも考えられます。

ドラレコのオススメの機能とは?

 ドライブレコーダーを取り付けるに当たって、特にオススメする付加機能が「駐車監視機能」です。
 駐車監視機能とは、本来の走行中の映像撮影にくわえて、エンジンがストップしている駐停車中も撮影できる機能で、車を離れていた間の事故やイタズラを監視するのに役立ちます。
 駐車監視機能の録画には、常時録画、Gセンサーによる衝撃検知録画、モーションセンサーによる動体検知録画の3つがあります。

常時録画

 常時録画は、文字通りエンジンがストップしていても、走行中と同じクオリティで録画を続ける機能です。
 常時録画を行っている間は常に録画ファイルの内容が更新され、マイクロSDの容量に応じて、古い順に動画を削除していきます。
 常時録画機能のデメリットは、マイクロSDの容量や設定によっては、駐車中の事故の瞬間が録画されていないことがありうる点です。例えば常時録画の設定を三時間にしていた場合、事故が四時間前に起きたケースですとその瞬間はファイルとして残されていないことになります。

 そのため、この機能を求めて買う場合は、どのくらいの時間録画できるのか、設定は変更できるのかなどを詳しく調べておく必要があります。
 動画の撮影方法自体が走行中と変わらないため、駐車監視の手段としては最も優れているでしょう。

衝撃検知

 衝撃検知録画は、車への衝撃を検知することで撮影を開始する録画方式です。この機能により、当て逃げ等の衝撃を伴う事故に備えることができます。
 衝撃に対するセンサーの感度は自分で調整できるドライブレコーダーが多い一方で、感度を最高に設定しても、ドアに少し擦ったぐらいの衝撃では反応しない場合もあります。

動体検知

 動体検知録画は、カメラの撮影範囲内で、人や物の動きを感知すると撮影を開始する録画方式です。車に近づくあやしい人影や車両を捉えることができ、車上荒らしや車へのいたずらといった犯罪の様子をしっかり撮影できます。
 一方で、動く物には何でも反応するため、人や車の往来が多い場所での使用には向きません。人通りの多い場所で使用すると、不要な撮影を繰り返してSDカードなど記録媒体の容量を圧迫したり、車のバッテリーへの負荷が大きくなったりするので注意が必要です。

最後のまとめ

 事故はいつ、どのように起こるか予想できません。
 運転中いくら自分が気を付けていても、停車中、駐車中でも想定外の事故は起こりえます。
 自分が見ていない瞬間の事故でも、自分の代わりに見ていてくれるドラレコが付いていれば、いざという時、心の支えになってくれるでしょう。