BLOG 作業実績・ブログ

意外と知らない?自動車におけるタイヤの重要性とは?

車が唯一路面に接してる部品がタイヤです。
タイヤの設置面積はわずかにハガキ一枚分と言われています。
縁の下の力持ちであるタイヤの重要性について解説していきます。

タイヤが果たしている大切な役割

タイヤには「支える」「伝える」「曲げる」「やわらげる」という四つの役割があります。
「支える」とは車体や乗員・荷物などの重量を支える役割です。
「伝える」とはエンジンやブレーキのパワーを速やかに路面に伝え、車を進めたり止めたりする役割のことです。
「曲げる」とは車両が進行方向へ曲がろうとする力を地面に伝える役割のことです。
「伝える」「曲げる」力のことは、しばしば「グリップ性能」という言葉で表されます。
「やわらげる」とは路面の凹凸によって発生する衝撃を吸収し緩和する役割のことで、乗り心地に直結する役割です。
この四つの要素はどれか一つでも欠けてはいけないものです。

タイヤにはどんな種類がある?

各社から販売されているタイヤは用途に応じて様々なバリエーションがありますが、それぞれ性能が異なります。
上記の四つの役割のいずれかに特化したものや、全ての役割を高めたオールラウンドなものまで幅広く、性能を高めたものほど値段も高くなる傾向にあります。
また、ミニバン等の重たい車は専用タイヤがラインナップされていることもあります。
自分の車にマッチしたタイヤを選ぶためには、整備工場やタイヤ販売店へ相談することも大切です。

タイヤの寿命

タイヤの寿命は、「溝(グルーブ)の残量」、「ゴムの劣化具合」の二つが関係しています。そのため、使用状況が異なる車ではタイヤの寿命も全く違ってきます。

溝(グルーブ)が少なくなったタイヤは危険!

まず「溝(グルーブ)の残量」についてです。
タイヤの表面に彫られている一番太い縦の溝のことをグルーブと呼びます。
このグルーブにはスリップサインという残り溝の深さ1.6mmを示す目安が記されています。
この1.6mmという基準は法律で定められており、スリップサインが出てしまったタイヤは使用してはいけません。
スリップサインが出ているタイヤは「支える」「伝える」「曲げる」「やわらげる」という四つの役割を果たせない、大変危険な状態にあります。
そのため、スリップサインが出るより前にタイヤを交換する必要があります。安全な目安はいわゆる五部溝、4mm前後です。

タイヤのゴムは何もしなくても劣化する!

次に「ゴムの劣化具合」についてです。
ゴムは経年、太陽からの紫外線、雨風、路面からの衝撃など、様々な要素によって劣化していきます。
こうした劣化が進むとタイヤの表面がひび割れてくることがあります。
ひび割れたタイヤを使い続けているとパンクやタイヤバーストが発生する危険があります。
バーストとは、風船に針を刺した時のようにタイヤが破裂する現象です。
高速道路を走行中にタイヤがバーストすると車はコントロール不能になり、最悪の場合、大事故へと発展します。
一般的な使用状況では、タイヤのゴムは四年から五年ほどで劣化します。
一見するとまだ溝があるように見えるタイヤも、ゴムの劣化が進んでしまうと本来の性能を発揮できません。早めに交換するようにしましょう。

スタッドレスタイヤとはどんなタイヤなのか

スタッドレスタイヤは、積雪や凍結した路面でも、安全に走行することを目的とした冬タイヤの一つです。スタッドとは金属の鋲(びょう)のことで、この鋲が無い(レス)ためにスタッドレスタイヤと呼ばれます。
スタッドレスタイヤがノーマルタイヤと異なる点は大きく二つあります。それは「ゴムの硬さ」と「トレッドパターン」です。
スタッドレスタイヤには、低温時でも硬化しにくいよう、とても柔らかいゴムが使用されています。
また、スタッドレスタイヤの表面には、「サイプ」と呼ばれる細かい横溝が無数に刻まれています。このサイプが雪や氷の表面に食い込むため、冬の路面でも安全に走ることができるのです。

なぜタイヤの空気圧点検をしなければいけないのか

タイヤの空気圧は一ヶ月で10%も減ってしまいます。
空気圧が少ないと走行中にタイヤが変形してしまい、燃費の低下、ロードノイズの増大、グリップ力の減少、ゴムの劣化などを引き起こしてしまいます。
一ヶ月に一度は点検をし、必要なら空気の重点を行うようにしましょう。

まとめ

タイヤは車の走りを支えてくれる重要な部品です。
一ヶ月に一回は目視での点検や空気圧の調整を行い、安全に走れる状態を保つようにしましょう。