BLOG 作業実績・ブログ

車検はなぜあるのか?どんなことをするのか解説します。

車の調子が悪くなくても、2年または、1年に1回必ずやってくる『車検』

どんなことをするのか?いつから受けれるのか?必要なものは?などなど
今回は、車検に関して解説します

車検はなぜ行うのか?

一般的に『車検』といいますが、正式いうと「継続検査」です。
自動車が道路を走るには、「道路運送車両の保安基準」に適合しないと、車検の更新や、走行することができません。
2年または1年に1回、保安基準に適合しているか、定期的に確認するのが、車検です。

保安基準に適合していれば、車検の有効期限を更新できますが、
適合していなければ、不適合部分を修理して、適合するように改善しないと車検更新ができません。

車検が切れたまま、道路を走行すると、厳しい行政処分の対象になります。

車検とは車のどんな所を点検する?

車検は、24か月定期点検の点検項目にそってチェックしていきます。

わかりやすい所でいえば、タイヤの空気圧・溝の残りの状態や、ライト類がきっちり点灯すると同時に、割れ・損傷が無いかどうか。

専門的な設備が必要になるところでいえば、ヘッドライトの光の向き・明るさ、前タイヤの内向き・外向きの範囲が基準値に入っているかどうか。排気ガスの有害物質の濃度が、基準値以内に入っているかどうかです。

車検はどこでできる?

車検は、どんな所で、実施できるか
見ていきましょう





ディ-ラ-で行う

新車を販売している、ディ-ラ-は、メンテナンスを行う工場が併設されています。
その工場で、車検することができます。

整備工場で行う

いろんなメーカ-の車を扱う、整備工場は、整備だけでなく、車検も扱っていますので、ここで車検を受けることができます。

ガソリンスタンドで行う

ガソリンスタンドで、整備工場を併設している所は、車検を扱っていますので、ここで車検を受けることができます。

自分で行う

車の持ち主自身が、陸運局に持ち込んで、車検を受けることができます。

ただ、保安基準に適合しない部分が、発生した時に、どこで修理するかなど、難しい部分があると同時に、車検に合格しても、点検しきれていない部分から、後日不具合が発生する場合があります。

車検はいつから受けれるか?

車検証に記載されている、満了日の1か月前より車検できます。

満了日1か月以上前に受けると、受けた日から、2年または1年間の車検有効期限となるので、注意が必要です。

車検に必要な書類とは?

車検証・自賠責保険証・自動車税納税証明書が必要です。

●車検証・・・所有者が誰なのか、車の型式・車体番号などの諸元が記載されています。

●自賠責保険証・・・国が運営している、自動車に必ず加入しないといけない保険です。自賠責保険が無ければ、万が一、事故にあったとき、どこからも補償が受けれません。被害者救済の要素が大きいのですが、対人賠償のみで、上限金額も低いので、任意保険の加入が必要です。

●自動車納税証明書・・・自動車の持ち主に、年1回納めることが必要な税金が自動車税です。自動車税を納付した証書です。

車検の際に発生する費用

法定費用と整備費用に大きくわかれます。

●法定費用・・・検査印紙代・重量税・自賠責保険料の税金関係です。

●整備費用・・・点検費用や点検の結果、悪い部分の修理費用です。

まとめ

日本には、車検制度があり、定期的に車検を受けることで、安全性が確保されていますが、海外では車検制度がなく、年1回の点検だけだったり、点検自体もない国もあります。

そして、日本とは違い、自分で修理できる範囲は、自分でして、できない所を修理工場に持ち込む考え方だったりします。

もし、日本に車検制度が無ければ、道路のあちこちに動けなくなった車が立ち往生して、渋滞が多発したり、排気ガス中の有害物質のため公害が発生すると思います。

車検を行うのは、『自動車整備士』です。社会に必要とされる大切な仕事です。

もちろん、カワグチ自動車でも車検を行っていますので、軽自動車から、トラックまで、
幅広い車種の車検に対応しております。
神戸にお住まいの方、お近くにお住まいの方はぜひ、ご相談下さい。