BLOG 作業実績・ブログ

ドラレコはどれくらい役に立つ?知っておきたい証拠能力

 前回の記事では、ドライブレコーダーの必要性や機能について解説しました。実際に事件や事故が起こった際、ドラレコはどのように役立つのでしょうか? また、本当に証拠として有用なのでしょうか?

 今回は、ドラレコの証拠能力について解説していきます。

ドラレコは証拠になる?

 結論から言えば、証拠として有力であることが多いです。
 「有力な証拠になります」と断言できない理由は、交通事故には刑事事件として処理されるケースと、民事事件として処理されるケースに分かれるからです。

 刑事事件は検察と被告人が当事者であり、被告人の罪の有無や量刑を問う手続きです。
 対して民事事件は私人同士が当事者であり、話し合いや訴訟によって賠償内容を決める手続きです。

 刑事事件の場合、警察などの捜査機関が事故を調査します。その際にドラレコを証拠として使うかどうかの判断は、捜査機関に委ねられます。一度証拠として押収されたとしても、裁判において証拠として用いられるとは限りません。
 民事事件の場合は示談や訴訟の場において、客観的な証拠として用いられます。特に互いの過失割合について双方の言い分が食い違った場合に役に立ちます。裁判で提出した場合、裁判所がドラレコの映像を元に、適格な過失割合を当て嵌めてくれます。

ドラレコが役に立つケース

 ドラレコの映像は証拠として大きな力を持ちますが、特に以下のようなケースではドラレコの映像が決定的となることもあります。

当事者同士の意見が食い違った場合

 交通事故が起きると、当事者同士の意見が食い違うことがあります。例えば信号が赤だったかどうかや、一時停止を行ったか否か、などです。どちらの言い分が真実なのかについては、後から駆け付けた警察も保険会社も弁護士も知る術はないのです。

 しかし、当事者同士でしか知りえない事実によって過失割合や、被害者に支払われる損害賠償の額が変わってきます。当事者同士の意見が一致しない際に、ドラレコは重要な手がかりとなりえるのです。

当て逃げ・ひき逃げの場合

 当て逃げやひき逃げなど、交通事故が起こったあとに加害者が現場から逃走してしまうケースでは、咄嗟の出来事に対し、被害者の記憶や証言が曖昧になってしまい、犯人を探し出すのが困難な場合があります。

 このようなケースでもドラレコの映像が証拠として有力になります。加害者の車種やナンバーが判明すれば、さらに捜査がしやすくなります。

被害者が入院・死亡してしまい証言できない場合

 被害者の大きなけがや死亡によって証言ができなくなると、加害者の言い分が加害者の主張だけで判断されてしまう恐れがあります。この場合にもドラレコは被害者の代弁を行ってくれる非常に強い味方です。

煽り運転被害を受けた場合

 煽り運転は2017年に神奈川県内の東名高速道路で起きた事故を引き金に急速に注目されるようになりました。記憶に新しいのは2022年4月に、千葉東金有料道路で起きた煽り運転被害で、この事件はドラレコの映像を運転者がSNSにアップロードすることでクローズアップされました。
 千葉東金有料道路の事件は、記事執筆段階では容疑者が死亡しておりますが、警察は容疑者死亡のまま書類送検を行っています。捜査も継続して進められており、まさにドラレコがあったからこそ解決へ向かっている事例の一つと言えるでしょう。

ドラレコを付けていない人は、是非取り付けを!

 車を運転している方の多くは任意保険や、任意保険の弁護士特約に加入していることでしょう。普段は意識せずとも、いざというとき無いと困る、或いは心強い。ドラレコも同じです。

 ドラレコを選ぶ際に特に意識したいのが「解像度」と「夜間撮影能力」です。

 解像度は映像の鮮明度のことで、この値が高いと車種の判別やナンバープレートの読み取りが容易になります。
 夜間撮影能力が高いと、暗所でも映像が暗くならず、街灯や対向車のヘッドライトに対して映像が白飛びしなくなるため、映像の証拠能力が高まります。

 ドラレコは付けていればいいというものではなく、いざというときに証拠として使えるかどうかが肝心です。ドラレコを選ぶ際は、このような視点で探してみてください。